40代後半、働く女性は何を着ればいいのか

公開日: : 最終更新日:2017/08/01 税理士業

久留米の税理士 益永です。

仕事着・・・40代前半までは特に何も考えずに、デパートやセレクトショップで好きなものを選んでいたような記憶です。スーツやジャケットとスカートの組み合わせを何パターンか用意して朝、迷うこともなく着ていました。

それが、だんだんと似合わない服が多くなり…

似合わないのですよ。

体重は変わっていなくても、体形や雰囲気がかわっているのでしょう。まさに老化です。

似合わない服が多くなってから、ファッションに関する本も読むようになりました。だって、センスもなくておしゃれも苦手。何を着ていいのか分からなくなったのです。

とくに、少し年上の方の書かれたものは参考になります。

今日読んだのがこれ。

お洒落度アップのコツは「コンフォートゾーンのちょっと上」

「心のコスパ」が実際のコスパ

自分の得意テイストのつかみ方

自分がぶれない、おしゃれと生き方

などなど。

何を着るか、を楽しもう!という気分になりました。

生き方が素敵だな、かっこいいなと思う人はお洒落なんですよね。年をとればとるほど生き方が外見に表れるといいますか。

結局何を着るかですが、スーツやワンピースは以前とかわりません。組み合わせを考えなくていいのと、とりあえず誰に対してでも失礼でないので。買うお店も変えていません。そのうえで気を付けていることは、

・試着する(つい先日まで面倒なので全くしなかった)。

昔のようにサイズさえ合えばいいというわけにはいかないのです。上記の本にもとにかく試着は大事!とあります。似合うものがあれば同じものを2枚買ったり色違いで買ったりも。それぐらい似合うものが少なくなったってことですね~。

・古いものは着ない

どの本かに、「自分が古いから古いものは着てはいけない」とあって、ものすご~く納得しました。特に人と会うときはなるべく新しいものを身に着けるようにします。

・しわになる素材は仕事には着ない

これも同じく、自分に皺があるから服にはいらないってこと?アイロンかけが苦手なのもあり、素材は選びます。

・カット(髪)はまめに

このくらいですが、継続は力なり。で続けていこうと思います。

 

 

 

関連記事

もっと自由に。起業する場所を考えよう。

久留米市の税理士 益永です。 このところ続けて聞いたお話が、自分はA県に住んでいますがB県で起

記事を読む

家内労働者の必要経費の特例を使う人が増えそうです

久留米の税理士益永です。 この時期になると問い合わせがある家内労働者の経費の特例なのですが、今

記事を読む

開業して顧客獲得のためにやったこと

今年もあと少しで終わりですね。来年は独立!起業!と目標をたてている方もいらっしゃるでしょう。

記事を読む

誰かに会う前には、ググってみよう

久留米の税理士 益永です。 独立すると、いろんな人と会う機会が増えます。あるときは向こうから、

記事を読む

わたしが郵便局に行かなくなったわけ

福岡県久留米市の税理士ますながです。 税務署に出す書類など以前は郵便局の窓口で出していたのです

記事を読む

佐賀さくらマラソン2018 ギリギリでゴールしました

3月18日はお隣の佐賀県でフルマラソンに参加しました。 ちょうと1か月前の熊本マラソンから、な

記事を読む

no image

領収書を集めてますか?それ、バレてる可能性大です。

久留米の税理士益永です。 自営業の人ってみんな領収書集めてますよね!と、言われたんですけど、そ

記事を読む

大事な資料や写真はクラウド保存することで自分も守る

先日の豪雨の際、やっててよかったと思ったのが仕事の資料やプライベートの書類のクラウド保存です。

記事を読む

no image

売上減の原因をさぐってみる

久留米の税理士益永です。 会社の業績をみるときに前年比をみるんですが、あきらかに売上が低下して

記事を読む

自分の過去を正当化するために未来を犠牲にできるのか

久留米の税理士 益永です。 内田樹先生の「困難な結婚」を読みましたら、ものすごく恐ろしいことが

記事を読む

2018年を振り返る

久留米の税理士 益永です。 2018年最後の日です。ブログはすっ

全力法人税・法人税の申告書作成がかんたんすぎて感動!

法人税の申告書作成ソフトの全力法人税をご存知でしょうか? 全力法

司法試験合格発表と、資格試験の受験生が減っていることについて

今日は司法試験の合格発表でした。 私も、身内が受験生でしたので朝から

保険金を受け取ったときの処理

久留米市でも先日の豪雨の被害で、損害保険の申請をしているところも多いと

習慣化のコツは時間と報酬

最近、やっと運動が習慣化してきた感があります。 フルマラソンを何

→もっと見る

PAGE TOP ↑