アフィリエイター、ブロガーの経費

公開日: : 最終更新日:2017/06/20 税理士業

久留米の税理士 益永です。

気になっていたダンスの本番が無事?何とか終わり、相続税の申告書作成にかかり悶絶しています。
ダンスを習いました 次の日は筋肉痛でした。ランニングとは使う筋肉が違う。

さて、アフィリエイトやブログで収入を上げている人から、その経費についての質問を受けることがあります。必然的にパソコンにも強くて勉強熱心な方が多いので、自分で結論を出している方も多いんですけどね。

基本は、経費は売上を上げるために支出したものです。個人的な支出と重なる場合は、按分します。

日本アフィリエイト協議会 経理、確定申告について説明あります。

レビューのために買ったものや食事代を全額経費にできますか?にたいしては、食事は全額は無理、モノもその後使っていれば全額はできません。

たとえばパソコンを買って一瞬使ってレビュー(できるかどうかは不明ですが)。その後は倉庫に保管、というのであれば全額経費にすることも可能でしょうが、普通はないですよね。

それならば、自分が使うパソコンを買ってレビュー、そのまま仕事に使えば消耗品費として経費にできます。(金額についての細かい記載は省きます)

これが育毛剤だと、育毛剤は仕事には関係ないので経費按分が必要です。何割が経費になるのか、そこが気になるところだと思いますが、よくて1~2割でしょうか。金額と売上にもよりますが、私の感覚では5割はないです。

食事であれば、打合せであれば交際費、従業員との会議にすれば会議費、ついでにレビューをすれば経費になります。単にレビューのためならば、やはり1~2割か、私自身であれば経費にはしません。

いや、取材!取材費だから!と思われる方もいると思いますが、収入が原稿料ならば取材でしょうが。。となるわけで、自分のクライアントであればよく話を聞き、色々な面から検討することになります。

結論があるようなないような、ないような結論ですが、経費はこのように使う人の主観によって変わるところがあります。これは職種は問わず、です。自信をもって経費といえ、顧問税理士や税務署を説得できるのならいいのです。ただ忘れてはいけないのは「モラル」だと思っています。申告書では経費の中身は見えません。見えないからこそ、きれいにする。また、これが収入を上げる近道になるとも感じています。

 

 

関連記事

自分でブログを開設するメリットデメリット

はじめてのワードプレスです。 初代サイトは自分で作りました。今回ブログとサイト作成は外注するつもりで

記事を読む

新規事業の前に、今あるものでできることがないかを考えてみよう

久留米の税理士 益永です。 写真は家庭菜園のカボチャです。スーパーで買ったカボチャの種を植えた

記事を読む

no image

リップクリームで節約と軽量化ができるかも

久留米の税理士益永です。 口紅が見当たらないので、子供のリップクリームをぬってみたところ、なか

記事を読む

領収書やレシートの保存と業績の関係

久留米の税理士 益永です。 領収書やレシートの保管、どうしていますか? 月ごとにまとめて

記事を読む

熊本地震の震源地 益城町に行ってきました

9月3日、熊本であった災害時の研修に行ってきました。 熊本の一日も早い復興を願います。 地震で家

記事を読む

お金を考えるときに読むブログ

久留米の税理士益永です。   忙しく働いてそれなりに収入があるのに預金残高がな

記事を読む

保険金を受け取ったときの処理

久留米市でも先日の豪雨の被害で、損害保険の申請をしているところも多いと思います。 個人事業主で

記事を読む

余裕があるときに借入をしておきましょう

久留米の税理士益永です。 借入れはなるべくしたくない、しても早く返したいので月の返済額がえらい

記事を読む

もっと自由に。起業する場所を考えよう。

久留米市の税理士 益永です。 このところ続けて聞いたお話が、自分はA県に住んでいますがB県で起

記事を読む

筑後川マラソンで10キロ走る贅沢な時間!

10月9日、3連休の中日は筑後川マラソンにエントリー。10キロ走ってきました。 7.8月は猛暑

記事を読む

2018年を振り返る

久留米の税理士 益永です。 2018年最後の日です。ブログはすっ

全力法人税・法人税の申告書作成がかんたんすぎて感動!

法人税の申告書作成ソフトの全力法人税をご存知でしょうか? 全力法

司法試験合格発表と、資格試験の受験生が減っていることについて

今日は司法試験の合格発表でした。 私も、身内が受験生でしたので朝から

保険金を受け取ったときの処理

久留米市でも先日の豪雨の被害で、損害保険の申請をしているところも多いと

習慣化のコツは時間と報酬

最近、やっと運動が習慣化してきた感があります。 フルマラソンを何

→もっと見る

PAGE TOP ↑