税理士になる方法はいろいろある

公開日: : 最終更新日:2016/08/15 ひとりごと, 税理士試験

今年も税理士試験が終わりました。受験された方お疲れ様でした。今年は特に暑かったのでつらい受験だったと思います。

さて、税理士受験生が減っているそうですね。先日、税理士で専門学校の講師もされている先生と電車でお会いして話しました。

税理士受験生が減った理由

税理士受験生ほんとに減ってるんですか?と聞くと、本当らしいです。いえ、データ出てるから事実なんですけどね。

私の予想の減少理由は、

・税理士になってもたいして稼げない

・そのうえ訴えられるリスクもある

・独立しても稼げないから事務所職員のままでいい⇒資格は不要

でしたが、そうではなくて、

・会計士経由で税理士資格がとれるから

が原因として本命ではないか、とのことでした。現場の人が言うんだからそうなんでしょう。

 

てか、会計士試験の方が何倍も難しいじゃん!と思わず言ったのですが、

 

それがね、・・・・と。以下、話をまとめると、

会計士試験は難しいけれど、ちゃんと勉強すれば合格しやすい。

税理士試験は本番「え!!!!\(^o^)/オワタ」みたいなのがある。

会計士も会計大学院に行って科目免除などできる。

ということでした。予想外!※詳しくは調べて下さいね。その他、税理士になる方法は、大学院にいったり税務署で働いたり、試験合格です。

 

それで、私が何をいいたいかといいますと、税理士になるのもいろいろ方法があるように

一つの山を登るにしても色々な道がある!

ということです。

 

何か目標が出来たときに、いきなりがむしゃらに登るんではなくて、まず地図をみて、どんな道があるのか調べたり、先に登った人に話を聞いたりして、自分にできそうな道を選ぶと無駄な努力や無駄な時間を費やすことが減るのではないかと思いました。根性論は苦手です。

ちなみに、私は学生時代に遊びほうけて、高校受験も大学(短大)受験も、全く全くほんと~に何もせずに受験してきたため、30近くになって勉強欲が出てきまして、迷わず5科目受験しました。

人から言われてやるのではなく(むしろ家族は迷惑)自発的にやりましたので、苦しみつつも充実した受験生活でした。

 

 

 

関連記事

親が苦難を乗り越えて獲得した能力は子供にも遺伝する?!

数日前の日経新聞の記事です。 親が苦難を乗り越えて獲得したストレスへの耐性や生き残る力

記事を読む

no image

納税ができるっていいことですよね

タイトルは決算打合せにて経営者のお言葉でした。 個人事業から法人成りの1年目。できる対策はとり

記事を読む

変化をおそれずに楽しもう!

久留米の税理士 益永です。 先日のこと、我が家で食事会をしましたら、「なるべく動きたくないと思

記事を読む

朝、何を着るかで迷わないために

久留米の税理士 益永です。 朝、何を着るかで迷うのって時間がもったいないですね。時間もですが、

記事を読む

中学受験ふりかえりと、やはり過去問最強説をとなえたい。

久留米の税理士益永です。 次女の中学受験が終わりました。   田舎の中学

記事を読む

妻ブロック夫ブロック

男性が会社をやめて起業したい!といったとき、妻がそれにOKを出さないことを妻ブロックというそうです。

記事を読む

ハイヒールが似合わなくなった

久留米の税理士益永です。   去年までは5センチとか7センチのハイヒールをはい

記事を読む

熊本地震の震源地 益城町に行ってきました

9月3日、熊本であった災害時の研修に行ってきました。 熊本の一日も早い復興を願います。 地震で家

記事を読む

うんこ漢字ドリル。笑いながら勉強できる?

久留米の税理士ますながです。 小学生をお持ちの方はご存知かと思いますが、話題の「うんこ漢字ドリ

記事を読む

美容室をかえたわけ。既存顧客維持の難しさ

久留米の税理士 益永です。 家庭菜園、種から植えたオクラが育ってきました。早く黄色い花を咲かせ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

熊本城マラソン2019完走しました

2019年2月17日、2回目の熊本城マラソンを完走しました。 5

2018年を振り返る

久留米の税理士 益永です。 2018年最後の日です。ブログはすっ

全力法人税・法人税の申告書作成がかんたんすぎて感動!

法人税の申告書作成ソフトの全力法人税をご存知でしょうか? 全力法

司法試験合格発表と、資格試験の受験生が減っていることについて

今日は司法試験の合格発表でした。 私も、身内が受験生でしたので朝から

保険金を受け取ったときの処理

久留米市でも先日の豪雨の被害で、損害保険の申請をしているところも多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑