私が寂しいと思うのは、もう会えないとわかった時です。

公開日: : ひとりごと

久留米の税理士 益永です。

この春から長女が東京の大学へ行ったので、いろんな方に「寂しいでしょう」「よく手放しましたね」と言われます。で、正直に「べつに寂しくはないんですよね~」というと、相手がドン引きしてるのがいくら鈍感力の強いワタクシでも伝わってきますので、「あ、東京なんて飛行機ですぐなのでいつでも会えますからね。野菜食べてるかとか心配ではあります!」と補足してるんですが。

これは本心で、べつにそばにいなくても、顔を見れなくても、連絡がなくても、こちらから会いにいけば会えるのであれば、寂しさはあまり感じません。心配はしますが。

ただ娘は寂しいと思いますよ。18才で家を出て慣れない寮生活。私も子供のころは母親に会えないとすごく寂しかったですから。

年を重ねて、今の私が、寂しいな。と思うのは、その人にはもう会えないんだと分かったときです。

今日はその日でした。

年に1度の確定申告のお客様で、今年は入院してらっしゃったので会えなかったのですが、ご家族から様子は聞いていましたので、また退院されると信じていました。

今日たまたま、サクランボをたくさんいただいたので、その方の奥様に持って行こうと思い立ち、仕事終わりにご自宅に寄ったのです。お一人で生活されているので、お元気かなと気になってもいたので。

そうしたら、ちょうどお葬儀が終わりご自宅に戻られたところで、祭壇を作られたばかりということでした。祭壇には、お元気なころのお客様が。

タイミングがいいのか悪いのか分からず思考が止まりました。

「まみこ先生に連絡しないとねって話してたところでした。パパはまみこ先生が大好きだったから呼んでくれたのかな」とお嬢さんがおっしゃいました。

私も大好きで、尊敬していました。信頼関係というのは、会った回数や時間ではないのですね。

日ごろ、非科学的なことは信じない私ですが、やはりこれは呼んでくれたんだと思います。

そしてもうお会いできないと思うと寂しいです。もう一度、お礼をいいたかった。でももう会えません。だから私は私にできることを精一杯やっていきます。いろんなことを考えています。最後までたくさんのことを教えていただいて、月並みですが感謝の気持ちしかありません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

関連記事

専業主婦だった私が仕事を持ち子供の将来についての考えがかわったこと

年末に、長女の大学が決まりました。 学校推薦をいただいて、予想よりも早く、本人が希望する大学に

記事を読む

反抗期との付き合い方

久留米の税理士 益永です。 少し前に、尊敬する友人から「娘の反抗期が半端なくて折れそう」とのメ

記事を読む

女性税理士の日々の時間節約術

久留米の税理士益永です。 何よりも貴重なのは時間、それを感じたのは30代後半だったでしょうか。

記事を読む

美容室をかえたわけ。既存顧客維持の難しさ

久留米の税理士 益永です。 家庭菜園、種から植えたオクラが育ってきました。早く黄色い花を咲かせ

記事を読む

朝、何を着るかで迷わないために

久留米の税理士 益永です。 朝、何を着るかで迷うのって時間がもったいないですね。時間もですが、

記事を読む

ブログ移転と過去のブログとブログのススメ

アメブロで3年ほどブログやっていましたが、こちらに移転します。 旧ブログはこちら 女性税理士のまい

記事を読む

no image

竹内涼真クン似の証券マンに会う

久留米の税理士益永です。 お客さんに「竹内涼真くん似の証券マンがきます!」といわれてホイホイ行

記事を読む

2018年を振り返る

久留米の税理士 益永です。 2018年最後の日です。ブログはすっかりご無沙汰していますが、自分

記事を読む

経営を学ぶMG(マネジメントゲーム)2回目で感じたこと

久留米の税理士益永です。 年末にMGの2回目を受けてきました。アイリンクス㈱の皆様ありがとうご

記事を読む

まんがをレンタルした際の注意すべき事項

福岡県久留米市の税理士ますながです。 5月の連休前に借りた漫画。(DMMにて)

記事を読む

2018年を振り返る

久留米の税理士 益永です。 2018年最後の日です。ブログはすっ

全力法人税・法人税の申告書作成がかんたんすぎて感動!

法人税の申告書作成ソフトの全力法人税をご存知でしょうか? 全力法

司法試験合格発表と、資格試験の受験生が減っていることについて

今日は司法試験の合格発表でした。 私も、身内が受験生でしたので朝から

保険金を受け取ったときの処理

久留米市でも先日の豪雨の被害で、損害保険の申請をしているところも多いと

習慣化のコツは時間と報酬

最近、やっと運動が習慣化してきた感があります。 フルマラソンを何

→もっと見る

PAGE TOP ↑