在宅ワーク3年半して感じたデメリット

公開日: : 働くお母さん業, 税理士業, 起業

在宅ワーク歴3年半です。

最近は、在宅ワークを採用する企業が増えて、とてもいいことだと思います。なんといっても通勤がない、時間を自分で決めれるのは最高です。特に子育てや介護がある人にとっては仕事をあきらめずにすみます。

でも、デメリットもあるんですよ。私が感じたことを書いてみます。

 

子供が遊んでる横で仕事は難しい

小さな子を横において仕事をするのは集中力もそがれるし、効率悪いです。子連れ出勤OKの会社がテレビに出ていましたが、私は無理だと思いました。

さらに悪いのは仕事の進まなさを子供のせいにしてイライラしたり、静かにしてと言ったり、子供が話しかけてきてもパソコンを見ながら上の空で返事をしたり。はい、やりました。反省しています。

それならば2時間でも預けてその間集中した方が、お互いにハッピーでしょう。

仕事の時間がずれこむ可能性がある

学校行事を優先したり、友達とのランチに行ったりと、在宅であれば自分で予定をたてることができます。これもすごいメリット。ですが反面、仕事が夜にずれこんで睡眠不足の日が続いたり、家事も仕事もとオーバーワークになって体調を崩したり。

対策としては、予定は余裕をもって組むことと、仕事を入れすぎないことです。自分が出来る!と思ったことの半分しかできないのが現実です。家事も同じくやりすぎないことです。

 

運動不足になる。

通勤がないのもあり、運動量が減ります。私は、自転車の活用と近ければ歩く、趣味のランニングで運動を心がけてはいますが、まだ足りないです。

ほかには、他人との会話が減ったり、家から出なくていい仕事であれば身だしなみに気を使わなくなったりもあるでしょう。

と、デメリットを並べてみましたが、メリットの方がずっと大きいと感じています。うまくいくように工夫して、仕組みを作れば、毎日の生活がより充実するのではないかと。

在宅ワークは色々な可能性を広げる働き方ですから、どんどん広がっていってほしいです。

 

 

 

 

 

関連記事

悲報・学級閉鎖。かんたんお昼のメニューは炊き込みご飯です。

久留米の税理士益永です。 インフルエンザが猛威を振るっております。三女のクラスが学級閉鎖になり

記事を読む

法人成り・メリットデメリットよりも大切なこと

福岡県久留米市の税理士ますながです。 個人事業が順調に育ってきたら考えるのが法人成りです。その

記事を読む

no image

佐賀さくらマラソン2018 ギリギリでゴールしました

3月18日はお隣の佐賀県でフルマラソンに参加しました。 ちょうと1か月前の熊本マラソンから、な

記事を読む

経費の見直し、例えば広告費

久留米の税理士益永です。 会社の業績をのばすには、売上を伸ばすのはもちろんですが、同時に無駄な

記事を読む

Googleホームでセワシくんを思い出す

久留米の税理士益永です。 訳の分からないタイトルですが、我が家にもGoogleホームがいまして

記事を読む

no image

税理士とはめんどくさいこと全部やってくれるひと

久留米の税理士益永です。 タイトルは、勝間和代氏のお言葉。数年前に勝間塾のイベントでランチをご

記事を読む

西順一郎先生のMG(マネージメントゲーム)を受けてきました

久留米の税理士益永です。 この土日で、MG(マネージメントゲーム)に初参加しました。MGについ

記事を読む

私が税理士を選ぶなら

顧問税理士選びはとても重要です。 顧問税理士によって数年後の業績がかわることはあり得るからです。

記事を読む

トマトラーメン 久留米市清陽軒

今、私のまわりのごくごく小さな範囲ですがブームになっているトマトラーメン。 美味しそうなので早

記事を読む

幹事や役員をやってみよう!こんなメリットがあります!

全国女性税理士連盟 九州沖縄ブロックの研修会と新年会でした。 研修講師には 司法書士であり「家

記事を読む

no image
せざるを得ない状況に追い込むのも一つの方法

3月24日、25日はNPO法人向けの会計講座でした。 これまで所

no image
佐賀さくらマラソン2018 ギリギリでゴールしました

3月18日はお隣の佐賀県でフルマラソンに参加しました。 ちょうと

no image
納税ができるっていいことですよね

タイトルは決算打合せにて経営者のお言葉でした。 個人事業から法人

no image
妻ブロック夫ブロック

男性が会社をやめて起業したい!といったとき、妻がそれにOKを出さないこ

種まきから発芽まで5年くらいはかかるから、スタートは早いほうがいい。

今朝は久しぶりに同じ時期に開業した司法書士の先生との打ち合わせでした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑